増額は年収が影響するので注意が必要

キャッシングは、現在多くの人が利用している、便利なツールで、限度額の範囲内なら何度でも借入できるというのが大きな魅力です。キャッシングは便利なために、つい借り過ぎてしまい、限度額いっぱいまで借りてしまったという人も少なくありません。
 

そんな時考えるのが、限度額を増額してもらう事です。もちろん「モビット」でも限度額の増額は可能です。ただ、増額できたとしても、いくらでも増やせるというものではありません。
 

モビットの借入限度額

「モビット」の最大融資限度額は800万円となっています。しかし、このように書かれているからと言って、誰もがいきなり800万円まで借りられるわけでは決してありません。借入れ出来る限度額は、申込者の状況で違いがあり、いくらまで借りられるかは審査によって決まります。では「モビット」の融資限度額というのは、いったいどのようにして決まるのでしょう。
 

「モビット」の審査は「この人ならどれくらいまでなら返済できるか」を判断します。キャッシング会社は「どれくらい貸せるか」より「どれくらいなら返せるか」を重要視します。そのために、申込書に記入した内容(属性)や、信用情報機関の個人情報に基づいて審査を行い、融資限度額が決まります。つまり、属性の高い人は限度額が多くなりますし、属性が低い人は限度額が抑えられたリ、場合によっては融資を断られたりする事もあります。

 

融資限度額は総量規制で制限を受ける

「モビット」の限度額は、審査で決まりますが、もうひとつ基準になるのが、総量規制で、「モビット」は消費者金融なので、総量規制の対象になります。其の為、総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限が有り「モビット」で借入する時は、いくら多くを希望しても年収の3分の1以内になります。

 

他社借入も含まれる

たとえば、年収450万円の人が借りられる限度額は150万円以内となるので、「モビット」の限度額が50万円として、すでに他社から50万円の借入が有るとすると、増額できるのは残りの50万円までとなります。ただし、増額で一気に最大融資限度額まで増やす事は出来ません。
 

一般的に言われているのが、1回の増額で10万円程度だと言われているので、増額を重ねる事で最大融資限度額まで増やせるようになります。